コンテナの設置方法

基礎設置図(四箇所、二箇所)

基礎の設置

コンテナは基本的に床は全面地べたには接しません。基礎としてコンクリート板、鉄板等を四箇所もしくは二箇所に入れ、コーナーポストの部分四箇所(または二箇所)しか地べたには接しません。コンテナの重量は四角で支えますので、基礎も四角のみコンクリート板を引くことで可能です。

コンテナの四角を固定するスタッカーとは

輸送

改造・加工後のコンテナを、大きさ・数量に適したトレーラーもしくは4tトラックにて運搬します。

設置

多くの場合、ラフター(クレーン)にて設置されます。
ユニック車が使われることもあります。

コンテナを積み降ろすラフター・ユニックとは

完成

水平レベルの調査を行い、設置完了となります。

PAGE TOPへ